//***************以下googleAnalyticsトラッキングコード********** //***************ここまで***************

studio sizzle

スタジオ シズル
料理教室/フードコーディネート・スタイリング/栄養計算/キッチンスタジオ/オリジナル食器

June 2011

コム・デ・カオリン


studio sizzleを名古屋でオープンして、
そろそろ1ヶ月が経とうとしています。

温かい方々に恵まれ
毎回、レッスンの後は幸せを噛み締めて過ごしております。
皆様、いつもありがとうございます。

先日
「レッスンのお料理はブログに載せないのですか?」
というお話があり

ふ、と気付きました。

写真撮るの忘れてましたエブリ・タイム
…すいません。

今月はペンネと

パスタ

冷たいスープです

冷スープ

どちらも見た目は普通ですが
ちょっと個性的な材料がアクセントとなっております。

それとサラダをサービスで。
サラダ

時期によって違いますが
私の父が趣味で家庭菜園をやっておりまして
無農薬の野菜が月に何度か届きますので
それをできるだけ使っています。
今回は
ミニキャロット
ヤングコーン
胡瓜
ミニトマト
レッドオニオン
グリンピース
を使いました。

CIMG9940

ちなみに、父です。このカットいらないかな。(笑)
農夫にしか見えませんが、平日は都心で働くサラリーマンです。
そんな父が愛情込めて作る、埼玉県産の野菜達です。
サラダにはsizzle特製ドレッシングをかけてお出ししています。
食後はコーヒーかお茶をお付けします。

らいゲッツ
間違えました(けどこの変換何か面白いので残します)
来月は
ちょっと個性的なソースを添える鶏ハムと、
私の好きな具だけを詰め込んだケークサレの予定です。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。




さて
ワタクシ、今日はちょっと肩の荷がおりまして…こうしてブログを書いております。

というのも

今週は息子の幼稚園のバザーに出展する作品を提出せねばならないウイークなのですが
(義務ですぞ、1人2点のノルマですぞ)
昨夜無事完成し、今朝提出したのです!!

ってそんな大袈裟なもんでもないですけどね。


でも
プリントに載ってた作品例
クラフト、トールペイント、デコパージュ、カフェカーテン、キャンドル…に

何やねんっそれ!!!

と思ってしまうレベルのワタクシ。
やっぱりちょっとプレッシャーでした。


考えた末、子供用の無地のTシャツを買ってきてアップリケをつけました。
あんまりお裁縫って得意じゃないんですが
息子の洋服を自分好みにしたくて
時々好きなデザインに刺繍したりはするんです。


よっぽど
sizzletoplogo-bw372
これにしちゃおうかなーなんて思いましたけど(笑)

今回は
バザーTシャツ

この木のデザインと

バザーTシャツ2
お魚にしてみました。

シャツの真横、脇の真下に入れるのが、私のオリジナルなんです。
ここにポイントが入ってる服ってなかなかないので。
デコってやつですかね。

そうそう

子供のだけじゃないんです

主人の誕生日にはユ○クロで白いコットンシャツ買って刺繍したりもします。
一昨年あげたら結構頻繁に着ているので
去年もあげました。
この2枚、今でもかなりヘビロテです。

そしたら会社の同僚にこう言われたそうです





「藤田さん、そのシャツ、ギャルソンですか?」





って…。
35のいいオトナが、手作りシャツを堂々と着ていれば
こうなるらしいです。(笑)

子供のおやつについて思うこと


おやつに何を与えるか

母親にとっては悩ましいテーマかもしれません。

お菓子を与えない人
駄菓子を与えない人
何でも好きなだけ与える人
手作りのものしか与えない人

今まで私が出会ったママ達にも、いろいろな価値観の方がいました。

うちの息子はあまり食欲が旺盛な子供ではないので
今までオヤツを食べる習慣がなかったのですが
名古屋へ越してきてから、幼稚園の帰り時間が大分早くなってしまったので
何となくオヤツの習慣が定着しつつあります。

私は
「お腹すいたぁ!!!」
と言われながら焦って夕飯を作ることが大嫌いなので
それを阻止するためにオヤツを与えてると言っても過言ではありません。

そして、その内容ですが
こんな仕事をしておきながら
まぁ特にこだわりもありません。

我が家の食育の方針としては
幅広い選択肢を与えて自分で選ばせることをモットーとし
私達は彼の舌を信じてるので
何でもいいのです。
まぁ私が太るという理由で
特にお菓子を買い置きしてることもほとんどないのですが。

あまり制限すると子供の中で余計に食べる価値が上がってしまったり
親が先入観を与えると食べなくなってしまったり…
そんなことってないですか?(もちろんおやつの場合量は親が制限していますけど)

今のところ
息子の味覚は4歳にして30代の私達夫婦とほぼかわらず
本当に美味しいものをきちんと嗅ぎ分けて食べている感じがします。

市販のお菓子よりも、季節の果物が好き
でも
有名店の高級マカロンをいただいたら、それが好き。
おやつで言えばそんなところです。



先日は
幼稚園バスから降りたその足で動物園へ行ったのですが
まさかそのまま動物園へ行くことになるとは思っていなかったので
おやつを持ち合わせているわけもなく
息子の希望でアイスを買ってあげることにしました。
ジャイアントコーン的なものを選んだ息子は園内のベンチでご満悦。

いやぁ…何か懐かしくてかなり魅力的。


「ねぇねぇ、選んだやつ、どんな味だった?ちょっと母にも食べさせてよ。」




大口を開けたまま待っていると・・・





心アイス


「あ、このアイスね、味がないのよ。」

ですって!!!

モーニングという文化

先日、我が家に新しい車が来ました。

アウトドアを教育の軸としている私達…
東京を離れ、キャンプ仲間とも会いにくくなってしまったので
これからは藤田家単独でもキャンプを楽しめるようにと
荷物が沢山乗る車を主人が選びました。

私の個人的な価値観としましては
身分相応の車=現金で買える車
と、なっとりまして

荷物のりゃーいいじゃん
タイヤうごきゃーいいじゃん
ローン組んでまでその車にしなくてもさ
という感じなのですが。
あ、そんな高い車でもないんですけどね。

でも
まだ車を選んでいたころ
母にこの話をすると

「あなたが新しいおうちを選ぶ時にキッチンや洗面所やトイレが気になるのと一緒で
 男の人にとっての車って、移動手段ではなく大切な空間なんだから
 夫婦はお互いの価値観を尊重しあって生活しないとね。」

と言われました。

そういえば
洗面

私は結婚してからずっと
“ちょい花”をふとしたところに飾るのが好きで

テーブルとか

花瓶テーブル

おトイレとか

花瓶WC

ふとしたところに何となくお花を飾っているのですが
自分が重きを置く空間に関してはずっと自由にやらせてもらってきたなぁと気付きました。

ちなみに上の写真の
テーブルとおトイレの(撮影は卓上になっていますが今の我が家はこのドクダミの花をおトイレに飾っています)
この花瓶はstudio sizzleの新作です。
テーマは誰でもそれらしく飾れるミニ花瓶です。
ドクダミって香りがきついから卓上にはNGかもしれませんが
こうやって飾ってみると結構見直す存在だな、と思うのは私だけでしょうか?
しかも、マンションの敷地に生えてたものを拝借してきたのでタダ。

話はちょっと反れますが
サザエさんちの電話の近くに花が飾られているのは
ケンカをしても嫌な気分の時も
花を見てふと気分を変え
電話口にその空気が伝わらないようにするためなんですってよ。

そんなんで
思い返せば、主人は私の領域に入り込んで来たことなどなかったのです。
大切な空間を尊重しあってこそ、夫婦…。

お母さん、さすが人生の先輩!!
いいこと言うぜ!!

と思いきや
うちの父、車運転しないし。
気がつけば何の説得力もない母なのですが。


さて

そんな母が引越ししてから初めて我が家に遊びに来てくれました。

そして
名古屋名物であるモーニングを食べたいというので今日連れて行ったのですが

正直

パンとゆで卵ごときで名物を主張するなんぞ許しがたき行為!!
と思っていたワタクシです。

そして
コーヒー注文したら朝食タダでついてくるからって
こぞって喫茶店行くこともないでしょうにと思いながらも
「すいません、どれ飲んだらモーニングいただけるんですか?」
なんて、タダにかなり惹かれちまってるモード丸出しで注文しちゃう自分に複雑な気分。。

モーニング

しかし!!
ワタクシ、間違っておりました!!
モーニング、最高( -д-)ノ!!

クラシックが流れる優雅な店内で
美味しいコーヒーと共に
他人様が作ってくれた朝食をいただくという空間…

この空間こそが、名物だったのですね。

家で慌しくトーストをコーヒーで流し込む日常を思えば
なんと贅沢な時間の使い方なのでしょう。

この、目に見えない時間と空間が、名古屋の名物だったのです。

帰るころには
「モ~ニン♪モォニング♪」
なんて思わず『きみの朝』という曲の鼻歌がでてしまうほどご機嫌にさせていただきました。

「あなた、よくそんな古い歌知ってるわね」とうちの母。

「うん、楳図かずおでしょ?」と私。
ざいつかずお




「あ、財津和夫じゃなくて、岸田智史よ。
 しかも楳図かずおってこっちだからね。」と母。
うめずかずお


ーということで
土日の朝は家族でモーニング(『名古屋ルール』(中経出版)のルール19より抜粋)が
我が家も定番となりそうです。

朝のひととき


我が家には4歳の息子がいます。


koko

味噌汁の具のインゲンをストローにして味噌汁を飲みだす、ちょっと不思議な子供です。

「なにやってるの!!お行儀悪い!!」
と母親ぶって怒りたくなる瞬間でもありますが

こういう時、大人になってこれをやってる人がいるだろうか?

と、私はふと立ち止まるのです。

いやいやいやいや、そんな大人は見たことないぞ。

それよりも

むしろインゲンの断面図を見て「おや、コレは吸えるかもしれぬぞ!!」
と好奇心を抱いた彼の気持ちを、大切にしたくなるのです。

今、箸が上手に使えなくたって
これからもずっと好き嫌いがない方が、人生は楽しいと思う。

今、文字に興味がなくたって
熱中できるお話がある方が、想像力は豊かになると思う。

いーの、いーの、今はいーの。

なんとなく私のポリシーでもあります。

もしかしたら

インゲンストローで味噌汁を飲んで
フォークで寿司を食べて
コミニュケーションをとるのに文字を一切使わない

そんな変人を育ててしまうかもしれませんが。


さて

そんな不思議な息子も

先月から新しく名古屋市内の幼稚園に通っています。
通園バスで通っているのですが
学年の途中から転園したので、幼稚園側もバスルートを変更するわけにもいかず
ちょっと遠くのバス停から乗っています。

ちょっと遠く

と言っても100mくらいですけど。
でも、いつも20分前には家を出ています。

私とは違う光景がうちの息子には見えているようで
毎日、草や木や水や匂いや…
いろんなモノが彼の足を止めてしまうからです。

東京にいるころは
マンションのすぐ下がバス停で
こんな風に余裕をもって朝のお散歩をすることなどなかったので

この習慣ができたことは
“名古屋へ来て良かったこと”の一つでもあります。
ばすてい

さてさて

本日もようやくバス停まで到着。

そしたら

坂の上の方から
朝のジョギングをする外国人の男性が下りてきました。

金髪の髪
サングラス
引き締まった筋肉…

そして
「su! ha! su! ha! su! ha!」
と全く乱れずに超規則的に繰り返される静かな呼吸…

結構なスピードで通り過ぎていくその男性に
バスを待つ私達親子の視線は釘付けとなってしまいました。

そして
振り向いた息子が発した一言…



「あれ、絶対ロボットだよね!!」




imagesCAOUQDGI
多分、こんなのが見えていたのでしょうね。

プレ・オープン

皆様 はじめまして。
1ヶ月ほど前に、動物園の横の緑に囲まれた気持ちの良いテラスのある部屋に越してきたら
信じられないスピードで梅雨入りされた、藤田家でございます。

-住む部屋を探しに来たちょうど2ヶ月前のこと。

不動産屋さんの
「このテラスからみえる東山公園の桜はきっと最高ですよー!!」
の殺し文句でこの部屋に決め
「ま、藤田さんが越されて来る頃には跡形もなく散ってますけどね!!」
と落とされながらも

まぁしばらくは気持ちの良い風が吹き抜ける中
新緑の季節を大いに楽しもうじゃないかと思っていた矢先…

あっちゅー間に梅雨なのです。

思えば

小学校の頃から

行事と言えばほとんど雨でした。

名古屋のみなさん、梅雨を連れてきたのは私かもしれません。

ごめんなさい。


さてさて

本日迎えましたstudio sizzleプレ・オープン。

-もちろん雨なのでした。

DSC_3853

ま、やっぱり雨か、という感じですが。

DSC_3855

お越しいただいた関係者の方々には

DSC_3857

大変申し訳なく、そして感謝の気持ちでいっぱいです。本日はありがとうございました。

皆様に支えられ
ついにstudio sizzleはオープンいたします。

と、オープンに向けビラの最終チェックをしていた本日のティータイム・・・

DSC_3861

「地図が載ってないので、場所が分かりにくい」とのご指摘が…。

そう!

地図を入れるスペースはないし
でも
住宅街だから目印もないし

何とかこの場所うまく表現する手立てはないものかと
私も昨夜遅くまで悩んでいたのです。

そして、我が家の位置を明確に表現する答えをようやく見つけました。

「地図は載せられないけど、ここを読んだら分かると思うのだけど…」



東山公園駅徒歩7分
ライオンの檻のすぐ裏

ライオンの檻のすぐ裏って…

分かるかいっっ!!!

と突っ込まれ、本日のプレ・オープンは終了となったのでした。

そうですよね…

住んでる私達じゃないと分からないですよね。
先ほど訂正いたしました。

東山公園駅徒歩7分
または、東山動植物園正門から
動物園西駐車場方面へ徒歩5分

です。

でも、『ガオー!!!』という鳴き声がしたら
studio sizzleはすぐそこなんだと
覚えておいていただければ幸いです。


藤田香織

studiosizzle.net
ギャラリー
  • 2017年12月のレッスンスケジュール
  • 2017年12月のレッスンスケジュール
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
  • うちの旦那ちゃん誕生日
facebook
サイト内検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ