はじめての方はこちらをどうぞ

今年の漢字、発表されましたね。
2016年は『金』でした 。
オリンピックの金メダル…納得の一文字です。

2016年のオリンピックを思い出すと、個人的には、吉田沙保里選手が真っ先に浮かんできます。
金…を逃し、残念ながら銀、でしたけれども。
ごめんなさいごめんなさいと泣き崩れる吉田選手の姿には、一番涙しました。
あの瞬間だけは、リオへ飛んで行って、いいのいいの、頑張ってくれてありがとう!!って彼女を抱きしめたかったです。ま、知らないオバハンに抱きしめられても迷惑だろうけど(・∀・;)。
それに次いで、印象に残っているのが、男子400mリレーの銀メダルです。日本人が陸上で銀メダルなんて。ボルトも驚く歴史的瞬間だったのではないでしょうか。

ということを思うと、個人的には『銀』でも良かったな、とか勝手に思っています。

さて、
そんなこととはほど遠い、くだらない私の今年の漢字一文字を書いてみました。
これです
unnamed (12)
『挽』。
…分かります?挽肉の、挽です。くだらねぇ(笑)。
いやぁ、今年は挽肉料理の多い一年だったぞ、と。

何度も見直している、藤田家の家計なんですけど。
家計簿を細かくつけてくれている主人が、やっぱりうちは食費がかかりすぎてるぞ、と。普通の家庭の3倍とか (´▽`;)

でもね、『食』って大事だから。
私、食材を腐らせることなんて絶対しないし、ちゃんと栄養バランスを考えて三食作っているので、この食費に一切の無駄などございません!!って言いきっていたんですけど。

でも、もう節約するとこ、ここしかなくね?ってなって。

最近仕事もしてないので、じゃあ、ちょっと頑張ってみるかって心を入れ替えることにしたんです。

今までは、本能のおももむくままに、好きなものを作る主婦歴10年だったんですけど。
いざ食費を意識してやってみると、これが結構難しくって。

職業柄、栄養計算もできるので、栄養価には妥協できないし。
こっちに戻って来てから、主人も仕事が忙しいみたいで遅くなっても家で食べるということが多くなり、私達夫婦は基本的に夜の炭水化物を食べないせいで、それでも満足できる食事となると、どうしても品数が必要で。

はじめの頃は、うーんうーんと唸りながら、スーパーを何周もしていました(笑)。

でも、結局、メインの食材のコストをおさえるのが手っ取り早いということに、だんだんと気付きまして。

今年の我が家は挽肉ばかりを買っていたな、と思うのです。

都合がいいことに、週1ペースで心氏からハンバーグのリクエストが来るので
unnamed (1)
ハンバーグは死ぬほど作りましたね。

飽きてきたので
unnamed (2)
和風にしてみたり。

unnamed (4)
ハンバーガーのリクエストもあったなぁ。

同じく合挽き肉を使って
unnamed (9)
コロッケにしたり。

あとは豚挽肉だと
unnamed (10)
餃子なんて日もありました。

こちらは
unnamed (6)
水餃子。

鶏挽肉は
unnamed (11)
温玉を添えて、つくね風のハンバーグや

私の大好物
 unnamed (5)
レンコンの挟み揚げに。

あとは
 unnamed (3)
春巻きも野菜と鶏挽肉を炒めて作ることが多かったです。

ビバ挽肉★
その甲斐あって、今年の後半は、予算内に食費がおさまることが多くて。ハイ10年間で初めての快挙。 毎月主人とハイタッチしてました。どんな夫婦よ(笑)。

来年も頑張りたいと思います。

さてさて

そんなことを思っていると、タイムリーなことに、心氏の担任の先生が、“僕の今年の漢字一文字” というお題で日記を書いてきましょう、という宿題を出してくれました。先週末の話です。

さっそく、日記帳を広げ、机に向かった心氏なのですが… 

うーむ、どうも気分がでないぞ、ということで、
なんと、 日記帳を閉じて、書道セットを出しはじめのです。

僕は、その一文字を書にしたためてから日記を書こうと。あのね、先生ね、書道の宿題は出してないのね。他にもやることあるんだからさ(TДT)。なんてことは通用しない心氏ですけど。

納得のものが書けるまで、絶対に見るなというので、もちろん無視して私は夕飯の支度をしていたのですが。

どうやら、何度書いても、その納得の一文字ってのが書けないらしく。

ついには、墨汁がなくなってしまい、ちょっと僕買ってくるわ!と居なくなりました。

その隙に、何を書いてんだろうと様子を見に行ったら…

机に残されていたものがコチラ






unnamed


ど…どんな一年?