はじめての方はこちらをどうぞ

大変ご無沙汰しております。
気がつけば、3ヶ月ぶりの更新となってしまいました。

また料理とは全く関係のない話なのですが
実は、1ヶ月半ほど前に、引っ越しをしまして。
前回の記事の後に、しばらく更新できないかもしれない旨を書こうと思っていた矢先、藤田家で一番忙しい2月に突入してしまい(子供二人の誕生日や学校や園の行事が怒涛のようにおしよせる月なのです)、更に長男のインフルエンザでパソコンのある書斎が後半1週間閉鎖され、あれよあれよという間に引っ越しへ。そして、新居でwifiの接続を待っていたら…こんなに時間が経っておりました。

皆さま、菜種梅雨のこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
私は、元気です。

ということで
藤田家、念願のマイホームに引っ越しました!!
unnamed (18)
杉並区内ですが、前に住んでいた学区の隣の学区で、南荻窪という住所です。最寄駅は西荻窪駅から荻窪駅に変わりました。(少し距離はありますが、井の頭線の高井戸駅を利用することもできます。)

今後はこちらの自宅にてスタジオシズルを再開する予定です。
料理教室は、1回4名だったところを、8名にできるよう準備をすすめております。また詳細が決まりましたらお知らせ致しますので、どうぞよろしくお願い致します。 
さて

新居ですが。

御覧の通り、狭小住宅です。ローンを組んでない私が言うのもなんですが。 

でも、主人といっぱいいっぱい色んなことを考えて、二人で飛びきりの“お気に入り”を作ることができました。 

いつもは喧嘩ばかりの私達ですが、家づくりに関しては揉めることが一度もありませんでした。

家づくりは800以上の決めごとをしなければならないなんてよく言われますが、最初から最後まで私達は全て同じ方向を向いていたように思います。

私達って、よほど趣味が合うのか…

それとも

主人が完全なるイエスマンになってしまったのか…

とにかく、家づくりが楽しくて楽しくて。

全てを決め終わった時には、思わず、二人とも「もう一度家を作りたい」 と言ってしまったほどでした(笑)。 

この愛情たっぷりの小さな家で、藤田家の小さな小さな幸せを、自己満足していきたいと思います。

今日は、自己満たっぷりの記事になってしまいますが、どうか私達の小さな家を紹介させて下さい。



一番にこだわったところはLDKです。

いやむしろLDK以外はほどんどこだわりませんでした。嘘、本当はこだわる予算がありませんでした(笑)。

家族が、これからも個室に散ることなく、できる限りの長い時間をLDKで顔を合わせながら生活したいという想いと

これからも大好きな仲間達や家族を呼んで共に時間を過ごしたいという(…嘘、単に酒を飲みたいという)想いと

そして、それはいつでも私の料理で繋がっているということと。

そんなところから、私達の家づくりのコンセプトは決まりました。

快適なLDK。
でも
KにはDKと同じ会話、笑い、空気がずっと流れるように。

こちらが、そんな願いを込めてできた我が家のリビングです。
unnamed (12)
明るい2階部分全てをLDKにしました。
 
右側の
unnamed (11)
四角いドアはトイレです。
この家にトイレは一つしかありません。
ですから、将来子供たちがどんなにグレても引きこもっても、必ずリビング来て私達と顔を合わせなければなりません。そういう仕組みです(笑)。

トイレのドアの隣の抜いてある部分はキッチンのパントリーです。2畳ほどあります。

KとLDの完全一体化。
でも生活感は出したくない。キッチンも家具の一部であるような部屋が作りたい。そこで役立つのがこのスペースです。

低コスト実現のため主人が自分で棚を作りました(笑)。
unnamed (14)

ここに、文具、日用品や酒のストック、掃除用具、アイロンなどなど
unnamed (5)
 ありとあらゆるものが収まっています。

他にも写っていませんが
ワインセラー、ステッパー、ルンバ、空き缶や空き瓶などもパントリーです。
死角にはホワイトボードがあって、学校や習い事の忘れてはならない手紙など雑多なものが貼ってあります。

それから食器棚もパントリーの中に。
unnamed (6)
コーヒーメーカー、ミキサー、オーブンレンジもここにあります。

このレンジの正面部分がパントリーの入口なので
ここからすぐに
unnamed (10)
キッチンスペースです。なので、LDからは見えませんが、レンジやミキサー
などもキッチンの作業導線にきちんと入っています。

マットなダークグレー×ステンレスの自慢のこのキッチンは

フルオーダーで作りました。
世界で一つのオリジナルキッチンです。
色も200種くらいある中かか選ばなければならず…二転三転しましたが、最後はシンプルイズベスト!という結論になりました。指紋レス素材なので生活感が出ずお手入れも楽です。

キッチンメーカーへは軽く10社以上は行きました。
ショールームを見すぎて、悩みすぎて毎週末吐くかと思いました。最終的に知恵熱も出たほどです(笑)。

ですので
キッチンへのこだわりを語ると長くなりますが(´∀`;)。今日だけは語らせて下さい。

レンジフードにARIAFINA
ガスコンロにDELICIA
食洗機にMiele
を入れていただきました。
この組合せでできるキッチンメーカーがあんまりなくって。まずその部分で苦労しました。だからオーダーキッチンに切り替えました。

シンク下には空間を作っていただき
unnamed
LDから見えない位置にゴミ箱を設置しました。
使いやすいし見えないし、この位置は本当にお気に入りです。
ここにコンセントもあるのでシンク内でブレンダーやハンドミキサーを使うこともできます。

そして
引き出しを挟んで隣にあるのが食洗機。
こんな仕事をしていながら、実は食洗機が初体験なのですが(笑)
unnamed (3)
鍋もワイングラスも一度に入ってしまうMieleのワイド幅のものを入れました。やっぱり大は小を兼ねますね。今では神だと思ってます、食洗機を(笑)。

キッチンの壁はガスコンロ横から背部までの広範囲をマグネットが付くホーローパネルにしました。
unnamed (4)
良く使う調味料などが入った缶、キッチンペーパーホルダー、調味料ポットの棚が、全てマグネットでくっついています。
レシピやメモをはったりできますし、ホワイトボートと同じ素材なのでマーカーで直接メモすることもできます。
そして何より
コンロからの油汚れが、どこに飛んでもスッと落ちるので、掃除が圧倒的に楽です。うち揚げ物多いし。

背面は、色々と収納スペースになっているのですが
unnamed (2)

ここには
unnamed (1)
炊飯器とトースターが隠れています。

(誰にも伝わらないと思うけど)デザインのこだわりで、上側は天井からちょっと間をあけて棚をつけてもらったのですが

台を使わなくてもチビの私が届く高さにになり
unnamed (19)
結果的にとても便利になりました。使う頻度の低いお菓子作りの型などを収納する予定でしたが、届くのでグラスもいっちゃいました。

この背面スペースは、料理中に下ごしらえしたものを置いたり、盛りつけの時に皿を広げたり、作業台として使いたいのと、生活感を出したくないので普段は何も置かないのがこだわりです。

ダウンライトでちょっといいでしょ?このために窓もあえてつけませんでした。
unnamed (9)
マコと公園で拾ってきた花や枝を飾ってみたり(笑)。

あと、
unnamed (17)
意外とお裁縫なんかをやるにもいいんです。誰も入ってこないから、集中できて!

3階に子供達のおもちゃの部屋があるのですが
この時は
unnamed (8)
 クッションカバーを作っていました。

シンクを挟んで
全面は
unnamed (15)
カウンターです。

二人で絶対にカウンターをつけたいと思っていました。 
朝食くらいなら、ここで食べています。嘘、まだダイニングテーブルが届いていないので家族横並びで全ての食事をここでとっています(T_T)。鍋とか奇妙な感じで。

ホームパーティーをしても、キッチンに入っていながら、ずっと話していられるので、このスペースは本当に嬉しいです。

夜はここで主人とお酒を飲んでいます。おかげでTVをみることが減ったかな。
unnamed (13)
 スナック香織と呼んでいます(笑)。子育てが落ち着く50代には近所で本当のスナックを開きたいな。

心氏の勉強もここでやらせています。
unnamed (7)
いつかやるのか?受験勉強もここでやってくれたらいいと思っています。でも母親が目の前で酒のんでちゃダメかな。

この日は
春休み中で、母オリジナルの四年生漢字復習テストをやったのですが。

午前10時に座らせて
気が付いたら
夜の10時になってました(笑)。全然合格点とれねーからよ。もちろん、間に食事と風呂をはさんでますがね。
 
全然教育ママなんかじゃないんですし、むしろ勉強できなくてもこの子平気かもとか勝手に思っちゃってるんですけど。

将来漫画家になりたいとか言っているので、漢字くらいはね、ちゃんと書けた方がいいと。 

そう言えば

2月に授業で1/2成人式というのがあって。

彼ら、10歳の学年なので、学校側でも今はそんな嬉しいことやってくれちゃうんですよね。

行ってみると、私の机にも心氏からのメッセージがおいてあって。

まぁ、みんな、親への感謝の気持ちと、将来の夢を原稿用紙に書いくのですが。

そこに、“僕は将来、絶対に漫画家になりたいです!”と書いてあったんです。

みんな、医者とか、建築家とか、サッカー選手とか色々あったけれども。

うん、いいんじゃない?漫画家 ってのも。

それで

“そのために、まず今僕が出来ることは、絵をうまく描けるように図工の授業を頑張ることです”と。

うん、そうだ。

そして、その後は、こんな風に続きました。

“それと、漫画を描くためには、国語も大切なので、本当は頑張らなければならないのですが…”




“僕の国語の成績には、自分でもガッカリです。”


こっちもガッカリだよ!