はじめての方はこちらをどうぞ

さて、世間ではハロウィンでしたけれども。
この日は、我が家の大黒柱、元ちゃんの誕生日でした。

「父、誕生日には、ココさんとマコちゃんから、お手紙が欲しいなぁ。」って言ってましたけど。

娘め
HEIC
やっつけ感否めないだろーこれー。
ちなみに、「母のことも描きたいんだけど、一緒に飾っていい?」って言われて
HEIC
母はこれ。さっきのより丁寧で気まずいだろがー。

心氏は「僕は手紙は書かずにケーキを作るよ。」と公言していたので

学校から帰宅するなり
HEIC
ケーキ作り。

マコもやるぅ!!!と寄って来たくせに
HEIC
ただ砂糖をペロペロしてるだけのデブキャラ炸裂。

今の時期、苺がないから
HEIC
ロールケーキにしようか、と母はスポンジを焼いておきました。

初めてながら、大好きな恵方巻きの要領で上手にくるくると巻いて…
HEIC
デコレーション。

プレートに
HEIC
何て書くのかなと思っていたら…

シンプルに
HEIC
“父”でした。分かりにくいけれども。

完成です!!
IMG_8303

ローソクは
HEIC
マコがさして…。斬新な位置に。

歌いながら父の元へ。
HEIC

フーして
HEIC

はい、よくできました。
HEIC
ナイスだよ子供達。

母はスキヤキこさえて、何かいつもよりちょっと楽(笑)。ナイスだよ、子供達。

旦那ちゃん、42歳です。おめでとう。

心が小さい頃は、親に預けて、オシャレして恋人同志みたいなお店でまだ二人でお祝いしたりもしたもんだけど。この写真なんてパジャマですよ(笑)。どっぷり色気のない家族になりつつあります、われら。

最近、“不倫してない山尾志桜里議員”なんて、いろんなところでよく言われますけれども(私、似てます?)。“不倫してない”じゃなくて、“相手にされないからできないだけ”とか余計なことまで言われますけれども。彼女と違って、私はこの13年間、旦那ちゃん一筋ですよ。

でもね~

これだけ一緒にいると、やっぱりねマンネリ化しちゃうって言うか。空気みたいな存在になっちゃうのねん、夫婦って。

だから、この前、ちょっと妻の存在をアピールしようかなとか我ながらカワイイこと思いましてね。

ベルトしめようと手にしたところで、旦那ちゃんが2階から降りてきたもんだから、階段の横から、ベルトがビヨ~ンで出てきたらビックリするかな♪って思って、階段横に隠れていたんです。

そして
彼が最後の一段、まさに着地しようという瞬間に…

「ええ~い

と、持っていたベルトを彼にふりかざしたんです。

この後、
「もうなんだよビックリするじゃないかこの」と旦那ちゃんにオデコをつつかれるのが、私のイメージ像だったわけですが…。

意に反して

私の手から離れたベルトの端っこは、美しいほどの弧を描き、じゅうぶんすぎる手応えを私の右手に伝えながら、旦那ちゃんの首筋へ

ビシッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

っと入ってしまったのでした。

あ゛…。

正直、“やべぇ(意に反して)キメちまった。”って一瞬にして思ったのですが。

ごめ…っと出たところで、

鬼のような顔をした旦那ちゃんが

「いってぇぇぇ!!!!何すんだよっ!!!!お前にも、同じこと、やってやろうか!!!!!!!!!!」

って怒鳴ったー。マジギレしたー。

いや、怒るのは分かる。

でも

お前にも、同じこと、やってやろうか?だ?あ?

仮にも

“死ねっ!”と言ってふりかざしたのならば分かる。

でもさぁ

40のオバサンが渾身のかわいい声で
“ええ~い
だよ?悪意がないのは、一目瞭然じゃあないか。

それを、お前にもやってやろうか?だ?

ちーがーうーだーろー!!!!!!!!!!!←違う議員さんになってる。

旦那ちゃん曰く、
確かに、とびっきりのかわいい声で“ええ~い”は、聞こえたと。
でも、その直後に、首の後ろに、今までの人生で味わったことのない激痛が走ったのだと。

にしても

いやあ、小さい。男としての器があまりにも小さすぎる。

例えるならば、
私は小1男子がスカートめくりをするようなもの。
ちょっと気のある子に、振り向いて欲しかっただけ。

ただ、ただ、それだけのこと。

世間では、ゲスだの不倫だのってネタであふれているけれど、私はそんな時代に逆らって生きている。そりゃあ真面目に主婦やってたら、恋の仕方も忘れますよ。駆け引きの仕方も歪んできますよ。

小1レベルになりますよ!

そんな私の純な気持ちを踏みにじる言葉

“お前にも同じことやってやろうか”。

藤田香織、この言葉一生忘れません。

愛はすぐに憎しみへとかわり…
やがては料理教室の恰好のネタとして生まれ変わりました。

“うちの旦那の、小さすぎる話、ちょっと聞いてもらえます?”ってね。

ふふふざまぁみろですわ。

あ、もしかしたら、夫側の立場でこのブログを読んで下さっている方も、いるかもしれませんね。

先日の料理教室で、こんな時、夫としてどんな風に対応するのが正解なのか、6人の奥様方とシュミレーションしてみましたので、ここに記しておきます。よければ、ご参考までに。

妻:「ええ~い

ベルト:ヒュンッ

夫:ビシッ!!!!!!!

妻:「あ゛」

夫:「う゛…」
夫:痛みのあまり片膝をつく

夫:首筋を押さえながら、苦笑いで顔を上げ、こう言う




夫:「も…もう一回